お得な情報

テフロン(フッ素加工)のフライパンは危険?オススメのフライパン2022

スポンサーリンク

調理器具の中で、毎日使う鍋やフライパンは定期的に買い換える必要がありますよね?特にフライパンは使えば使うほど焦げ付きが気になって1年に1回は買い換えている気がします。

そこで、フライパンについて調べたところ、コーティング物質が有害になることがある、と言う記事があり、怖くなりました。

どんなフライパンが環境に優しいのか、調べましたので参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

フライパンの材質・種類はいくつある?

いざフライパンを購入しようとすると、製品によって多種多様あり、料理の仕上がりにも影響してきます。洋服のように試着することもできないので、どれを購入すればいいのか分かりませんよね?

そこで、フライパンの素材やコーティング加工についてまとめました。

フライパンの材質一覧

素材 メリット デメリット
アルミ 軽い。熱伝導率が高く、素早く調理できる。 焦げ付きができやすく、油馴染みが良くない。
軽い。熱伝導率が高く、素早くムラ無く調理できる。焦げ付きも少なく、サビも出にくい。 高額。酸の強い食材で銅が溶け出すこともあるので注意。
丈夫。油馴染みがいいので、焦げにくい。熱に強いので空焚きにも耐えられる。 焦げ付きやすい。重い。サビが出やすい。手入れが大変。
ステンレス 丈夫でサビも出にくい。傷に強い。冷めにくいので余熱調理に向いている。 熱伝導率が低く、熱ムラが出やすい。
チタン 耐食性が高くサビにくい。傷や衝撃に強い。 熱伝導率が低く、温まりにくい。
フッ素樹脂加工(テフロン) 耐熱性が高く、焦げ付きにくい。 コーティングが剥がれやすい。空焚きすると有毒ガスが発生することもある。
ダイヤモンドコート フッ素樹脂加工よりも強度があり、コーティングが剥がれにくい。 テフロンより高価。

フライパンのコーティング加工一覧

加工方法 メリット デメリット
フッ素樹脂加工(テフロン) 耐熱性が高く、焦げ付きにくい。 テフロンはコーティングが剥がれやすい。
ダイヤモンドコート フッ素樹脂加工をベースに粒子状のダイヤモンドを混ぜ込むことで強度があり、コーティングが剥がれにくい。 テフロンより高価。
マーブルコート フッ素樹脂加工をベースに大理石の粉を混ぜて加工。 ダイヤモンドコートよりも耐久性は劣る。
セラミック加工 フッ素樹脂加工をコーティング剤として使用していないため安心。摩耗に強く傷つきにくい。400度前後の耐熱性もある。 一度焦げ付くと、焦げが広がる。空焚きはNG。白いので汚れが目立つ。

テフロンとフッ素樹脂加工のフライパンは違う?

フライパンを購入する際に、よく「テフロン加工」や「フッ素樹脂加工」を謳い文句にしたフライパンを見かけますよね?どんな違いがあるのか気になり調べましたが、結論から言うとテフロンとフッ素樹脂加工に違いはありません

テフロン加工とフッ素樹脂加工は同じ加工です。テフロン加工はアメリカのデュポン社がもつフッ素樹脂の登録商標です。正式名称はPTFE(ポリテトラフルオロエチレン(四ふっ化エチレン樹脂))で、フッ素樹脂のことです。フッ素は歯磨き粉に使われているのと同じもので、そのフッ素と炭素が混ぜ合わさったのがPTEFです。このPTFEを重ねて塗ることで、フライパンが焦げ付きにくくなります。

ダイヤモンドコーティング、マーブルコーティングなどいろいろな名前で売り出されていますが、テフロン加工技術の一種です。

フッ素樹脂加工は危険なの?

テフロン加工、フッ素樹脂加工に使われているPTFE(ポリテトラフルオロエチレン)は、使い方によっては人体に有害になると言う情報があります。

テフロン加工やフッ素樹脂加工のフライパンは使い方を間違えなければ安全です!

ある実験によると、フライパンを高温で空焚きしたフッ素樹脂加工のフライパンは260度以上で有毒ガスが出るということが分かっています。 フッ素樹脂加工から発生したガスは有毒で、呼吸困難や吐気や頭痛など、人体への影響が確認されています。しかし、ッ素樹脂自体は安全な物質です

空焚きやコーティング剤が剥がれるような使い方(金属の調理器具など)を使わなければ安全です。

PFOAフリーのフライパンって何?

PFOA(ピーフォア)はPFOとも呼ばれているフライパンのフッ素樹脂コーティングや撥水加工、泡消火剤の原料として使用されていた「有機フッ素化合物」のことです。

現在販売されているフライパンにフッ素樹脂コーティング(テフロンなど)が使われているものの多くはPFOAを含有していないことをフライパンの主要メーカーは公言しています。

PFOS、PFOAとは

PFOSとはペルフルオロオクタンスルホン酸の略称で、下図(右)の構造式を持つ有機フッ素化合物です。また、PFOAとはペルフルオロオクタン酸の略称で、下図(左)の構造式を持つ有機フッ素化合物です。いずれも構造式を見れば分かるようにフッ素(F)でコートされた構造を持ち、生分解をほとんど受けず環境中に長い間残存する難分解性有機フッ素化合物です。

低濃度で優れた界面活性効果を示すことから広範囲に使用されてきました。 PFOAは,有機フッ素高分子(フルオロポリマー)であるポリテトラフルオロエチレン(商品名テフロン)製造時の乳化剤としても用いられています。テフロンは環境分析にあたり、容器などに化学的な安定性から広く使用されていますが、PFOA、PFOS分析の際は、コンタミ(汚染)の避ける意味で試料採取から分析の過程では、テフロン(製品)の使用は禁止です。
人を含む生物に対する毒性について、次に記述します。PFOAを取り扱う工場の労働者の血液中の濃度が一般人と比較して高濃度であったことが報告されています。なお、PFOAについては、急性毒性はあまり強くありません(LD50:500mg/kg程度)。
同様に、PFOSも過去の動物実験の結果からは比較的毒性の低い物質とされており、アメリカ合衆国の環境保護局(USRPA)の調査でも「PFOSの無毒性量(NOAEL)は0.1 mg/kg体重、最小毒性量(LOAEL)は0.4 mg/kg体重」とされてはいます。 ただし、最近「ペルオキシゾーム(全ての真核生物細胞に見られる、膜で囲まれた細胞内小器官で脂肪酸のβ酸化やリン脂質の生合成など多くの重要な働きをしている。)」の増殖作用が有り、これにより「活性酸素の生成、発ガン作用、コレステロール代謝の攪乱など」の影響が現れるとの報告が有ります。また、生体内で胆汁と誤認され、薬物の代謝などにみられる腸肝循環を起こしていると言われています。また、免疫毒性も報告されています。さらに、臍帯血中のPFOS・PFOA濃度と乳児の体重、頭周長との間に有意な負の相関があることが報告されるなど、知見が集積されつつあります。
なお、毒性に関してのPFOA、PFOSについての最終的な結論は、まだ確定していない段階です。


TEIJIN公式サイトより

フッ素樹脂加工の寿命は?

フッ素樹脂加工されたフライパンの寿命は約1年ほどです。

寿命が短い理由は、熱や摩耗に弱いためです。使用頻度や使い方によっても異なりますので、焦げ付きやすくなって、加工がはがれてきたかな? と思ったら、すぐに買い替えることをおすすめします。

オススメのフライパンは?

Carote 焦げ付き防止御影石調理器具セット 鍋とフライパン10点セット

環境に優しいスイス製ノンスティック御影石コーティング – スイスILAGノンスティック御影石コーティング、SGS承認済み。PFOS、PFOAを含まない100%フリー。ガスレンジ対応, IH対応, 電子レンジ対応!

アイリスオーヤマ フライパン 鍋 6点セット 「ルオント」 ガス火/IH対応 深型 無加水鍋 ホワイト LUO-SE6W

耐摩耗性試験を70万回クリアしたセラミックコーティング加工。
お料理はこびり付かず、洗い物もスムーズに。

CAROTE フライパン セット ih5点 取っ手が取れる

体に悪影響を与える PFOAフリーで安全安心!IH,ガス火,オーブン,ラジエンヒーター,エンクローヒーター,シーズヒーター等オール熱源対応!※電子レンジ非対応

コメント

タイトルとURLをコピーしました